RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

社長のブログ「斉藤のサイト」

横浜市中区、有限会社サイトウプリントの代表取締役斉藤正一のブログ。
最近は企業戦略論を勉強して、それをフィードバックする事に力を入れて活動中!仕事以外の事も書いてあるのでどうぞ気楽に読んでください。
「どちらにしようかな…」のつづき教えて
0
    梅雨、明けませんね。でもおかげでここ横浜は昨日と今日は涼しいです。ところが九州では大雨…とまぁ、天気はわからんです。
    さて、ずっと引っ張ってしまいましたが、前回のつづきです。
    ガラパゴス諸島に見られる進化パターンと、「どちらにしようかな〜」の続きの“亜種の多さ”に見られる類似性を発見しました。
    ではまずはガラパゴス諸島に見られる進化のお話を…。
    ガラパゴス諸島は南米エクアドルの西、約900km、太平洋上に浮かぶ13の代表的な島と100以上の小さな島からなる火山群島です。ガラパゴス諸島は「進化の島」とも呼ばれ、諸島固有の生物が数多く存在し、個々の生物が独自の進化を遂げた島です。「生息する動植物はどこから来たのか…。」というのはまた別の機会にでも…。
    ガラパゴス諸島には有名な「ガラパゴスゾウガメ」がいます。実はこのガラパゴスゾウガメは諸島全体で15亜種(絶滅種も含む)もいます。しかしゾウガメが生息するのは世界の中でガラパゴスだけで、DNAが一番近いのは南米大陸に生息する“チャコリクガメ”であることがわかっています。つまりガラパゴスゾウガメは大陸の陸ガメが起源で、どうにかしてガラパゴス諸島に渡り、現在の姿になったと考えられています。
    この絶海の島々では、ゾウガメやフィンチに代表される島特有の固有種が存在し、それぞれの島の環境に適応して、亜種を適応拡散していったという進化パターンがみられます。それはダーウィンが「種の起源」つまり進化論を思いつくヒントを提供した奇跡の場所とも言えます。※ちなみに独自の進化を遂げた日本の携帯電話が「ガラパゴス」と言われるのもここから来ています
    これらを参考にし、以下は「どちらにしようかな〜」の続きが“亜種”にあたり、亜種が適応拡散していった経緯の考察です。
    まず私が基本形と言った「どちらにしようかな」の部分が何らかの形で日本の子供に広がったのだと思われます。しかし“どちらかを選ぶ手段”であったため、その部分は不変(つまりゾウガメもカメということ)となります。そしてこの基本形から数多くの亜種が生まれ始めたと考えられます。つまり地方色豊かな「どちらにしようかな」に続く部分は地域に適応した亜種ということになります。
    では何故、これら“亜種”がこんなにも豊かな地方色を残したまま現在に至っているのか?江戸時代ならいざ知らず、これだけ情報が氾濫した21世紀の世の中で、日常的に使う言葉の文化を残すのは至難の技です。そこには子供文化の特徴が関係していたと考えられます。
    その子供の遊びの特徴というのは「大人になったらやらない」ということと、子供の「行動範囲が小さい」ということです。そして親から伝えられる遊びよりも、はるかに友達から教えてもらった遊びの方が多いはずです。つまり大人の世界とは隔離(交流のない)された世界なのです。よって、大人の影響を受けにくいと言えます。以下はそのシュミレーションです。
    その昔「どちらにしようかな」の基本形が伝わりました…たぶん人伝いで。そしてある地域に定着し、その地域文化に育まれ、亜種が生まれます。ひょっとしたらそれは地域というより幼稚園とか、小学校の学区とかの単位かもしれません。しかし中学生になる頃には「どちらにしようかな」なんて口にもしなくなり、その亜種は地域で隔離(封印)されてしまうわけです。しかし、転校生などの手によって他の地域(学校)への伝播が細かく繰り返され、さらに亜種の細分化へのとつながっていったのでしょう。
    子供の文化(遊び)はガラパゴス諸島に見られる進化の歴史と同じように見えます。しかし最近の子供達は小さい時から塾へ通い、ゲームをして友達と遊んでいます。このままだと、この様な子供の遊びに残された地方色豊かな文化もどんどん絶滅していってしまうでしょう。ちょっと悲しいかな…。
    | 社長のひとりごと | 14:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    お客様と一緒につくる
    0
      モノをつくる会社として、社員に徹底してもらっていることがあります。それは、弊社サイプリの商品(パンフレットや会社案内、封筒などの印刷物やホームページ等々.)をご利用いただくお客様、そしてその先にいらっしゃるお客様のお客様の事を考えること。そして何より、丁寧に制作することです。
      最近はお客様からいただく文章原稿のほとんどがパソコンで入力されたデータ(WordやExcel)です。その文章データをサイプリでデザインされたものに流し込むのですが、その時、本来受注した印刷屋の方で注意しなければいけないのは「文字化け」「文章の飛び(原稿が流し込めていない)」ことや、「体裁」を整えることです。文字校正はそこに含まれていないものです。つまり、お客様からいただいた文字データは「間違いのないもの。」として印刷屋は処理します。もちろんお客様には印刷の前に必ず校正していただくのですが、後(納品後)になって気が付く文字の間違えがよくあり、こういった時は責任の所在が微妙なところで、なんともいえない状況になります。「校正は見ていただいておりますし、文字データはお客様がご用意していただいたものですので、なんとも…」といった感じです。さらに文字データ入稿には、文字入力(キーパンチ)の時に必ずといっていいほど起きる、変換間違えという落とし穴があります。人間にエラーはつきものです。
      この様な事だけに留まらず、「どちらが悪くないか」といった話は結構あります。「どちらが良くて、どちらが悪いか」ではなく、結局できた商品自体は「悪い」ものなので、「良かった人」は存在しません。
      起こってしまったことへの責任の所在を明確にする事は確かに重要です。しかし、本当はもっと簡単な話です。ミス(誤植を含む)を無くしてしまえればいいだけの話です。(とんでもなく難しいのではありますが・・・)
      そこで、サイプリではお客様からいただいた、文字原稿のデータにも文字校正を入れさせていただいております。量が多いときには事務所のスタッフや私も手伝っています。そうして、一人でも多くの人間が見ることにより、ミスを未然に防ぐプラスワンを徹底しました。結果はといえば、あたりまえの話ですが誤植などは激減・・・というより、ほとんどなくなってしまいました。しかし、実は文字校正にはすごい時間がかかります。コストに合っているかどうかではなく、「お客様と一緒になって、より良いものを作る」という想いで続けているサービスです。
      実はこれ、サイプリのちょっとした自慢話なんです。別途でお金をもらってやっていたら自慢ではなくなってしまいますからね(笑)

      ※申し訳ございませんが、完全データによる入稿の場合はデータチェックのみとなり、弊社での文字校正は行いません。…が、ご要望がございましたら予めお話しください。
      | 社長のひとりごと | 17:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      神奈川のこと
      0
        私、生まれも育ちも神奈川横浜です。
        昨日、ある方からいただいた本で知ったのですが、神奈川という地名のルーツとなった川があったのです。・・・知りませんでした。しかし残念ながら、その川はすでにありません。昭和4年の関東大震災後の区画整理で障害となり、埋められてしまったそうです。
        その神奈川があった場所は現在の京急線の仲木戸駅付近、横浜市立神奈川小学校の脇あたりだったそうです。長さは約300メートルで、ふだんは水が枯れてあまり流れていなかったようです。また水源もわからず、上流のない川という意味で「上無川(かみなしがわ)」と呼ばれていました。その「かみなしがわ」が「かんながわ」となり、そして「かながわ」となったそうです。
        神奈川という地名が歴史に登場するのは約700年前の鎌倉時代といわれ、蒙古襲来の時の執権であった北条時宗が家臣に当てて書いた手紙の中に「神奈河」と書いたのが最初といわれています。江戸時代に入ってからは「神奈川宿」が置かれ、ご存知の通り東海道の宿場町として栄えました。
        そして安政元年(1854)の日米和親条約は、締結された場所から別名を「神奈川条約」と呼ばれ、明治の新政府は廃藩置県の際にこのことを重視し、「神奈川県」としました。
        また、神奈川と横浜の関係は微妙で、安政5年(1858)日米修好通商条約では神奈川開港でしたが、横浜開港になると諸外国はそれを条約違反して抗議したそうです。幕府は「横浜は神奈川の一部である」と押し切ったそうです。以来、横浜と神奈川の関係は微妙となり、神奈川県の中に横浜市があり、横浜市の中に神奈川区が存在する、ちょっと複雑な関係です。(かながわの川 -神奈川県高校地理部会編- より)

        | 社長のひとりごと | 12:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        岡山県津山市「ホルモンうどん」
        0
          2月24〜27日まで岡山県に行ってきました。
          岡山県にあるお客さんのところへ行くのと、互敬塾東中国支部の例会に講師(身に余る光栄と、お恥ずかしいかぎり…)として出席してまいりました。
          (互敬塾東中国支部のみなさま、本当にありがとうございました。)
          今回で岡山に行ったのは2回目となりましたが、今岡山県津山市では「ホルモンうどん」なるB級グルメがブームになっていました。早速食べに行ってきましたが、かなり美味かったので遠く横浜からエールを送り続けようと思い、ここで紹介させていただきます。

          私が食べたのは津山市内、駅のそば…?(実は友人に連れて行かれるままなので地理感覚がなくすみません)の「万里」というお店でした。
          はっきり言って焼肉屋さんではホルモンは得意なな方ではないのですが、津山では美味しいと思ってしまいます。それって牛の違い?と思いつつ、まるで好物が如くペロリと食べてしまいます。
          本当に美味しかったです。次回津山に行く時には「ホルモンうどん」の食べ歩きをしたいなぁ…などと思っているしだいです。
          また、次回「B-1(B級グルメ選手権)」を狙っているそうですので、みんなで応援しましょう!
          「ホルモンうどん」
          「ホルモンうどんマップ」
          ※1ヶ月以上サボってしまい懲りずに反省しております。しばらく岡山の話しを書いていく予定です。
          | 社長のひとりごと | 16:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          本当はみんながすごい力を秘めている。
          0
            前にこのブログでサンマが銀河を埋め尽くすことを書きましたが、他にもすごい話があるので紹介します。この話も実は謎の公認会計士(本当にすごい方です)から聞いた話ですが、トマト(バイオテクノロジーを使っていないもの)は成長を妨げる制約条件を取っ払うと、ひとつの苗に13,000個の実をつけた事例があるらしいのです。ではその実験がどのようなものか…。前述したとおり、実を多くつける改良や、DNA操作などのバイオテクノロジーは使われていません。通常トマト(普通種?)はひとつの苗に20〜30個の実をつけるそうです。ところがこのトマトの成長を妨げる制約条件を取り払う、つまり最良の環境を与えるとします。それは、まず根の成長を妨げる土の存在をなくし、水耕栽培とします。もちろん十分な栄養も与えます。すると茎は太くなり、枝は広く長く広がり続けます。そして実を付け始めると、枝が重力に負けないように棚で支えます。すると…、ひとつの苗に13,000個ものトマトの実がなるそうなのです。約600倍の収穫が得られるのです。トマトや植物に興味は無くとも、なんとなく「そうなるだろう…。」というイメージが湧きます。そうです、ひょっとしたら他の植物や動物、もちろん人間にも当てはまるのでは…?私はなぜかこのことにビンビンと反応してしまいました。このトマトの話では個体の成長等が取り上げられていますが、人間や企業の成長に必要な「イメージ」のことがダブってきました。
            実は意外と人間や企業の成長を妨げているのは「物理的な障害」よりも、「悪いイメージ」のような気がしていたので、ビンビン来てしまったのかもしれません。「悪いイメージ」を取っ払うことは、日頃の生活の中での心がけで訓練できることかもしれません。それはつまり「挑戦をした結果、ひょっとしたら得られるであろうすばらしい将来のイメージ」が「悪い結果のイメージ」によって「イメージ自体がそれ以上成長しない」という事につながってしまっているのではないでしょうか。トマトやサンマのように本来持つポテンシャルは計り知れないものなのに、そのことに気づかず前に進もうとすらしない。サイプリも本来はすごいポテンシャルを秘めた会社で、そのポテンシャルを発揮するために、私たちが取り組まなくてはいけない事が、まずは「より良いイメージの開放」という結論に至りました。もちろん綿密な計画を立てることは必要だとは思いますが、それ以前に単純に挑戦することを心がけるようにしようと決めました。どんな小さなことでもです。こうして改めて身の回りを見回すとどんな事にも挑戦する余地が必ずあり、ほとんどお金がかからないことに気が付きます。大きな挑戦は手傷を負う可能性がありますが、小さな挑戦は手傷も小さいのです。これを数多くこなせば結果は大きなものになるのでは…。というのが私の答えです。時間はかかりますが、ある日から級数的に広がりを見せる可能性があります。「小さな事からコツコツと」ってやつです。サンマの話は大げさな話でしたが、もし「生存率が5%でも違ったら」という事になると、時間はかかりますが、やはり結果は銀河系を埋め尽くすということになります。
            …ってことで、サイプリは「挑戦し続ける会社」である事にしました。「何に?」と聞かれたら「全てのことに…」という事になります。
            ※この前、営業の鈴木君のプロモーション映像をサイトにつけました。是非こちらも見てみてください。こちらも挑戦の日々です。賛否両論ですが…。
            | 社長のひとりごと | 13:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            携帯電話事情
            0
              今日、22日は日本道経会神奈川の8月の例会です。そこで私が「携帯電話の話」としてちょっとした勉強会の講師をします。講師の話はわりと早めに決まっていたのですが、2年ほど前にも携帯電話の話をしたことがあるのでいつも通りちゃちゃっと資料を作れるとタカをくくっていました。ところがWEBを使って携帯電話の現状を調査したところ、とてもとても一夜漬けで人に教えられるレベルにならないことを察してしまいました。パソコンもそうですけれど、携帯電話の進化にはとてもついていけません…。異常なスピードで進化しています。この様なスピーディな進化が起こる原因は、おそらく携帯電話が様々な技術の複合体であるからだと考えられます。つまり、それぞれの技術が進化を繰り返し、結果進化した技術同士が新しい結果を生む…。液晶画面の進化と電池の薄型化、通信速度の高速化と情報処理速度の高速化など、複合的に技術が干渉しあって、まるで乗算でもした様な進化が生まれてしまうのです。ということで数年前には我々のような消費者には予想もつかないほどの進化をしてしまうのです。あー恐ろし…。
              怖いといえば「着信アリ」という日本のホラー映画があって、シリーズ化してすでに3作目まであります。携帯電話という21世紀の証のような技術の粋を集めたモノを使って、「幽霊」からのメッセージが来るのですから、幽霊たちも携帯を使いこなせなければ人を効率よく呪えないのでしょうか?いつの時代もそこで暮らすライフスタイルや周りの道具等は変化(進化)しても、結局人間の恐怖の本質は大して変化するものではないのですね。
              | 社長のひとりごと | 10:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              サンマが銀河を埋め尽くす!?
              0
                サンマが銀河を埋め尽くす!?
                この話は先月の会社の全体ミーティングで話をしたのですが、変な社長というレッテルを貼られたネタでした。本当は深い意味があるんですよ。
                昔読んだ「死んだ魚を見ないわけ(河井智康 著)」という本の中の一節に、すでに何年も経っているのに忘れられない事があります。「サンマが銀河を埋め尽くす!?」という言葉です。この話を私が落合先生に話したところ「面白いね」と言って、実際に計算された式をもらいました。改めて著書を確認したら多少違っていましたが、本当にすごいことになります。著書は生物学の本でわりと複雑な条件が加わり、ピンと来ないかもしれませんので、今回は落合先生の計算を紹介します。
                まず、この話は「タラレバ」というやつで、「もしもサンマが1匹も死なずに成魚になり増え続けたら・・・」という計算です。条件としてはこうです・・・「サンマはオスとメスが一匹ずつから始まり、サンマの寿命は1年で、生涯で一度だけ産卵します。メスは必ず産卵し、一回に産卵するサンマの卵は20,000個(本当)で、卵は全て孵り、孵化したオスとメス比率は1:1とします。」こうして計算を始めます・・・。
                以下、落合先生のレポートから引用・・・。
                1年で増えるサンマは2万匹、翌年には2万匹の半分(=1万匹)のメスがそれぞれ2万匹のサンマを生みますので2億匹となります。
                10年繰り返すと2×10,000の10乗匹となります。
                ふだん使い慣れていませんのでこの数字がどれほど大きいのかわかりません。数式には2と10,000と10しか使われていないからです。大きいような気もしますし、たいして大きくないような気がしますので0をつけてみます。
                20,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000匹(0が40個ついています)これを漢字では2正匹と書くようですが「正」の単位なんか見たことも、聞いたこともありません(調べてみてはじめてこんな単位があるのを知りました)。
                さて、2正匹のサンマの数はピンときませんので地球の重さ(正確には地球では質量というようです)と比べてみます。
                今朝私がスーパーで買ってきたサンマは2匹で350グラムありましたので、サンマの重さはオス、メス2匹で350グラムとして計算します。
                10年経過したサンマの重さは3.5×10の36乗トンになります。ちなみに地球の重さは5.97×10の21乗トンです(マイクロソフト エンカルタキッズ百科2008)ので…
                「3.5×10の36乗トン÷5.97×10の21トン=586兆」
                と10年で地球の重さの586兆倍になります。まだピンときませんので太陽と比較します。太陽は地球の33万倍の重さですので、10年でサンマの重さは太陽の17億7千万倍となります。ここで安心してはいけません。この重さは年間1万倍ずつ増えていき、11年目には太陽の17兆倍の重さとなります。
                最近の中国とドイツの天文学者の共同研究によると銀河系の質量は太陽の2兆倍ですので、11年目にはサンマが重さで完全に銀河系を凌駕してしまいます。
                しかし実際には、自然には生存競争による抑制作用がありこのようなことは起こりません。
                これって実はすごいビジネスのヒントなんですよ。もしこの生存競争を生き抜くことができれば…。そう考えてしまいませんか?本来同じ数をキープするのに2匹が2匹を生めばいいだけなのに、20,000個もの卵が必要なんです…すごい話です。そして生存率が数パーセント上がるだけでとんでもないことが起きるのです。これがビジネスモデルなら…、そう考えてしまいます。ひょっとしてビジネスモデルの卵を産むことすら断念してしまっている経営者は…、恐ろしいことです。
                たまにはいいなぁ、こういう話。どこかで謎の落合先生についても話していかなければ…。
                | 社長のひとりごと | 14:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                通販はじめました!
                0
                  これで草むしりともサヨナラ!
                  というキャッチで、水をかけるだけで固まる土「ビゼンソイル」のインターネット販売を始めました。全国の互敬塾で知り合った秋田さんの会社、「山陽ロード工業蝓さんのヒット商品です。この商品で毎年私の頭を悩ませる草むしりからの開放を秋田さんは約束してくれました。もしそれが本当なら私のように草むしりに頭を痛めている全国の人を救える!ということで今回の企画が実現しました。さらに、サイトはサイトウプリントで運営します。さらにさらに、サイト制作は後藤部長と私のコラボで実現。素人っぽいコンセプトで作ってみました。今後の売上状況に応じてその辺は変化していこうかとは思っています。
                  で、実際に我が家で問題となっていた草むしりを必要とする部分に固まる土「ビゼンソイル」を使ってみました。面積は約15屬任靴燭、下準備の草むしりを含めてもなんと約3時間で作業は終了!思ったよりぜんぜん簡単で驚きました。これで今年の草むしりから開放されたと思うとすばらしすぎます!まさに魔法の土!すばらしい商品です。詳しくはこちらを見てください。http://www.katamaru.com
                  今後もサイプリではすばらしい商品を持ってはいるけど、インターネット通販をする手間などに時間を割きたくないと思っている方のお手伝いをしていこうと思っています。すばらしいのにまだ広く世の中に伝わっていない商品がありましたら、是非ご一報ください。
                  | 社長のひとりごと | 15:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  オンリーワンのサービスを目指して…。
                  0
                    久しぶりにお仕事の話…。サイプリ横浜ホームページ制作「WEBIRTH」
                    サイプリでは「良循環」をテーマに、お客様のお役に立つより良いサービスをいつも心がけておりますが、昨今印刷業界も厳しい状況下で思い切った設備投資もできず先行きどうしたものかと頭を悩ましておりました。そんな時ある人と知り合い、ちょっとしたヒントをいただきました。以前から気になっていたことが、きちんとサービスとして成り立つことになると言われたのです。それがサイプリのホームページ制作事業部で現在キャンペーン中のサービス
                    「ホームページを作ってくださったお客様に、“無料”で会社案内(A3二つ折りパンフレット)をプレゼント!」
                    という企画です。
                    この企画のテーマはサイプリのような印刷屋がホームページを制作することで、お客様にメリットとなることを見付けようとして考えた結果出てきたものです。今までどうしても印刷屋が制作するホームページだとちょっと安っぽいイメージがあったり、本腰を入れて制作していることもなかなか理解されていないというのが現状でした。他の印刷屋さんのことは知りませんが、サイプリでは3年前より専門のWEBディレクターを中心にコンサルタントを含めたかなり専門的な事業として展開してきました。そして昨年ホームページ制作専門の社内ブランドとして「WEBIRTH(ウィバース)」を立ち上げ、サイトも別々に運営するようになりました。ITと騒いでみても、きちんと印刷物もちゃんと世の中に残ってるわけで、印刷物の長所・短所、同じようにホームページの長所・短所を誰よりも知っている私達にしかできないサービスで、設備投資も最小限(というより全くかからない)で抑え、お客様のご商売(経営)に最大限の効果をもたらす…。そんな気持ちから生まれた新サービスです。
                    「ホームページをサイプリで作ると、会社案内(印刷物)が無料でついてくる」というサービスは、サイプリが印刷事業を持っていることが直接強みになり、お客様にとっては経費の削減としてとても良いサービスだと自負しております。今までの経験値でホームページを制作する時に、原稿となる物のひとつに会社案内(商品等案内含む)があります。ホームページを作りながら、会社案内(もちろん会社案内だけではなく、ホームページに掲載されるものであれば何でも仕様の範囲内で印刷物にすることができます)が同時に出来上がるというもので、ただ単に経費の削減につながるということだけにとどまらず、お客様にとって「打ち合わせ回数の軽減」が同時に図れます。実際新たに会社案内を作成することになると、原稿を集めたり、校正や細かいお客様の業務内容についてなどの打ち合わせに時間を多く割くことになります。つまり二度手間です。この意外とかかっているコストを一気に解消できるサービスと言える訳です。そしてサイプリ内ではそのサービスのために新たにかかる投資や、コストが一切ないため、お客様への負担もないわけです。これからもホームページ、印刷物、映像でお客様にお役に立てるサービスを提供し続けるサイプリでありたいと思います。是非この機会に「ホームページを作ってくださったお客様に、“無料”で会社案内(A3二つ折りパンフレット)をプレゼント!」をご利用ください。
                    | 社長のひとりごと | 16:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    「ジコBEST」作りました。
                    0
                      最近「SEO」やら「SEM」のお勉強を少しずつ進めているのですが、結局はきちんとした目的と、それに合うバランスの取れたサイト作り。そして最終的なのはもてなしの心。ってところでしょうか。詳しくはお仕事としてご相談にのります。ということで自分のブログも年末の大掃除みたいに、ちょっとばかり整理してみました。何をしたかというと自分でも気に入っているものを「BEST」としてまとめて、改めて読み直して修正も加えてみました。振り返ると日記と言いつつ間隔が空いてしまっているのには反省しますが、何より2001年から続けたそれなりのボリュームにちょっと満足…。
                      ということで、過去記事も覗いて見てください。

                      ひとりごとBEST
                      写メBEST
                      映画について

                      | 社長のひとりごと | 10:46 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |