RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

社長のブログ「斉藤のサイト」

横浜市中区、有限会社サイトウプリントの代表取締役斉藤正一のブログ。
最近は企業戦略論を勉強して、それをフィードバックする事に力を入れて活動中!仕事以外の事も書いてあるのでどうぞ気楽に読んでください。
カレーキャラメル・・・
0
    最近ブログをがんばっちゃってるような気がします?
    >いえいえ、いろんな事が自分の身体の中に溜められなくなっちゃってるんです。
    ゲップみたいなもん?
    >そうかもしれません。
    ということで、出ましたキワモノ!印刷のスタッフからの差し入れです。意地汚いので何も言われないままとりあえず口に入れてびっくりしました冷や汗なんとカレー味のキャラメルだったのです。味を表現するならば、まさにカレーのルーをキャラメル風味に仕立てたようなものです。ピリピリと口の中に残るスパイスと、ほとんど甘味を感じない脂っこいお味。おまけに一粒がデカい!なかなかの口解けの悪さで、具合が悪くなります。罰ゲームにしか使えないんじゃないか…?
    横須賀海軍カレー本舗プロデュース、横須賀海軍カレーキャラメル。
    きっとこのキャラメルをプロデュースすることによって横須賀海軍カレー本舗さんは失ったモノの方が多いような気がします。
    差し入れをしてくれたスタッフに一言いわせてもらおうと思い、急いで工場に行きましたが、そのスタッフはすでに帰社してました。残念、”お礼”を言おうと思っていたのに…。しかたなくゴミ箱に捨てられたパッケージをもらって、パチリ!それにしてもキャラメルにしてはデカいパッケージ…。内容量の140gって…「こんなもん食えるか!」もしこのカレーキャラメルをもらったら、ためらわず、口に放り込んで、美味しそうに食べてみてください。それができれば「かなり完成に近づいている人間」か「超味オンチ」の人間として尊敬されるに違いありません。
    あらためて…日本は豊かな国です。はじめから食べられることの無い食べ物を作り続ける余裕があるのですから。良薬口に苦しと言いますが、これはまったく身体のためにならない物です。…がっ、笑えます。
    | キワモノ | 16:30 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
    わさびラムネはおとな味
    0

      すこし前から東名高速のパーキングで見かけて気にはなっていたんですよ。そうこうしてたら、いつもお世話になっている大同生命の大○さんからついにいただいちゃいました。大○さんからは以前にもキワモノお土産をいただいたこともあり、保険も含めて感謝いたしております。
      しかし、飲んでみると「わさびラムネ」にはちょっとがっかりしてしまいました。いえいえ決して大○さんが悪いわけじゃありませんよ。私のイメージ通りの商品だったということです。だから購入にいたってなかったわけですが、イメージ通ということがさらにがっかり感を増長してしまいました。そうです、この商品にはキワモノ・スピリッツがあまり感じられなかったのです。そうビジネスライクなのです。かといって、決してまじめな商品でもありません。そしてこの「わさびラムネ」には「カレーラムネ」と「杏仁ラムネ」いう姉妹商品が存在することは知っていました。ということで何気なく製造会社のサイトを覗くと、そこで目からうろが…。私は大変な誤解をしていました。この会社「木村飲料株式会社」様はなんとキワモノビジネスの会社だったのです。遊び心どころの騒ぎではありません。まじめにキワモノでビジネスを展開しているのです。「元祖ビー玉ラムネ」で3年連続モンドセレクションで受賞されているという一面がさらにイケてます。詳しくはサイトを見てください。ネットで調べると更に詳しく掲載されていますが、「カレーラムネ」にはさらに「激辛カレーラムネ」という枝(?)商品も存在し、「新感覚シャンメリー」には、やはり「カレーシャンメリー」があり、「ドリアンシャンメリー」には心くすぐられます。そして「男のちょい割る強ソーダ」まで来ると胸がスカッとします。極めつけはラムネ出荷3人娘「ラー娘」の歌う「恋するラムネ」です。この歌を聴いてみると…やはり期待通り!ラー娘の年齢などの詳細については一切不明ですが、これこそキワモノです。
      商品としてのキワモノレベルは低いと思いますが、この木村飲料株式会社様の企業としてのキワモノレベルはかなりのハイクラスだと思います。私の勝手な希望としては「足元をすくわれるような裏切り!」期待しています。これからもキワモノスピリッツで躍進だ!
      …生意気なこと言ってすみません。
      | キワモノ | 16:38 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
      「みそラーメン飴」
      0

        久しぶりのヒトリゴトなのにゲテモノシリーズですみません・・・。先日もお客様のある方からヒトリゴトの更新がされていないことをご指摘いただき、反省しておりました。と、何を書こうかと思案しつつ1週間が過ぎた頃、お土産と言われ渡されたものがこの「みそラーメン飴」でした。うらに「みそラーメン飴のおいしい食べ方」という記述がありましたので、以下にご紹介します。
        ●割り箸は必要ございませんので袋を開けてそのままお召し上がりください。
        ●辛みそ味がお好みの方は唐辛子をかけて食べられても結構ですが味の保証はいたしません。
        ●熱い白いご飯と一緒にお召し上がりになると、ラーメンライス気分も少しは感じられると思います。
        ●飴を溶かしてラーメンのスープに使用するなどという、とんでもない行動はお慎み下さい。

        ・・・だ、そうです。ちょっと胸が痛む文章です。さらに「なまらうまいんでないかい!? みそラーメン飴」と書いてあります。ちなみに「なまら」とは北海道の方言で、「すごく」とか「非常に」という意味らしいです。ちなみに原材料名には「砂糖、水飴、みそ、にんにく、カラメル色素」とありました。
        ・・・ということで、いただきました。口に入れてすぐ、「なまらまずい」飴だと思いました。甘い味の中にやわらかいみその味が広がります。一瞬「バター飴」を思わせるのですが、すぐに「にんにく」の香りと味が口の中に広がり、とても最後までなめきる自信が無くなります。にんにくがなければそこそこなのかもしれませんが、にんにくがなければみそラーメンという飴にはならないということなのかもしれません。私の中で札幌ラーメンのみそラーメンといえば、もやし、厚めのチャーシュー、そして味噌とにんにくです。もやしとチャーシューを省いて、味噌とにんにくだけにしたのは、そのふたつが揃うことがみそラーメンの条件ということになります。まえに紹介した「たこ焼き羊羹」には、紅生姜、青海苔までもが入っていたのに比べると、飴ということがハンデなのかそのこだわりが感じられません。後で気が付いたのですが、パッケージの上の方に「HOKKAIDO DELICIOUS CANDY SERIES」とあります。ネットで調べると「シリーズ」の名に恥じないラインナップ。この飴以外に「ジンギスカン飴」「スープカレー飴」「じゃがバター飴」があり、どれもまずそうです。
        これら変なお土産は「ネタ系土産」というジャンルでくくられているらしい。そろそろうまい「ネタ系土産」に出会いたい気もします。
        | キワモノ | 09:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        カレーどらやき発見!
        0
          「カレーどらやき」先日の出張で見つけました!!

          栃木県の二宮というところにある「道の駅にのみや」で売っていました。私は日頃からキワモノを見つけてきては社員に食べさせ、その反応を楽しんでいます。で、この「カレーどらやき」ですが、案の定、レジの横のかごに入って売られていました。こういうキワモノお土産は必ずといっていいほどレジ横に陳列されています。とても理に適った商品配置だと思います。まずうまいもの、ブランド力のあるものはどこに置いてあっても売れるのです。そこには「ここに来たらあれを」とか、「試食しておいしかったから」等と、商品力で販売が可能となっているのです。それに対してキワモノお土産は「試食は絶対にありえない」ものです。今までも紹介してきた「たこ焼き羊羹」「ジンギスカンキャラメル」「牡蠣羊羹」等は理性ある社会人が試食をしてからお土産として買っていくものではありません。キワモノお土産の購入に際して必要なのは「衝動的」な動機のみです。前述のまともなお土産の「計画的購入」もしくは「理性的購入」に対して、キワモノお土産は「衝動的購入」「博打的購入」となるわけです。そしてお土産屋さんの中で生まれるその一瞬はレジの前となるわけです。お土産を会計しているほんの一瞬、目をレジの横に移すとそこには妙な商品。今まで想像もしたことのない組み合わせ(たこ焼き+羊羹、ジンギスカン+キャラメル)に頭の中は混乱します。そしてイメージします。「さぞまずいだろう」…と。そしてそれをまずそうに食べている人たちが頭の中に浮かびます。その時にはもう「すみませんこれも」とレジの人に手渡しています。…とまぁ、こんな具合に衝動的に購入へと至るのです。
          では、今回の「カレーどらやき」ですが、パッケージからして異様なオーラを放っています。仕事柄デザインをした人のイメージをしてしまいますが、いったい誰なんだろう…。パッケージ絵柄の下のほうに黒い影で表現された人物は背中に背負った蒔きのようなもの、ここが二宮だからおそらくは「二宮尊徳(金次郎)」(ちなみに神奈川県出身)だと思います。汗をかいているのは辛いから?それともまずいから?息が茶色なのも見逃してはいけません。その人物が歩いてきたであろう道の向こうには、いかにもタージ・マハールのようなインドチックな建物が見えます。どらやきのパッケージにここまでメッセージを込めてあるのは他にないと思います。まさにダヴィンチコード真っ青です。そしてこのデザインの意図は明らかに「期待を煽る」ものです。それは「おいしさの期待」ではなく「ご当地名物の期待」でもなく、「まずさの期待」を激しく煽るものです(それにしても「ピリ辛風味」っていったい…)。そこに「衝動」が生まれ、購入に至るものなので、このデザインは私的評価では90点/100点とかなりのハイセンスです。評価に値するのは二宮尊徳をシルエットで表現したところでしょう。よく見ないと分かりませんから…。肝心の味のほうですが、これは非常に残念なことなのですが、おいしかったです。かなり期待していたにもかかわらず、それなりに食べれてしまって、それも一部のモニター社員にはおいしいとまで言われてしまいました。このくらいのものになってしまうと、小学生の遊びっぽいです。「これとこれを組み合わせたら意外と」…ってやつです。こういうものは「すっげーうまい」か「すっげーまずい」かの終着駅しか持ちませんが、結果はパッケージのインパクトからは遠く離れた「良くも悪くも、どうってことないもの」に落ち着いてしまいます。結局、終着駅をなくした「カレーどらやき」は行く当てもなく、社員全員の口に入ることなく今になっても二つ残ってしまっています。
          | キワモノ | 20:50 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
          中国・・・、あなどれません・・・。
          0

            リグラフィックス(東京でデジタルコンテンツを主に作業をしているサイプリグループ会社)で現在「横浜大世界」様の11月3日のグランドオープンに伴いサイトリニュアルを作業させていただいております。かなり大掛りなリニュアルで、関係スタッフは日々頑張ってくれています。きっといいサイトが出来る事間違いなし!
            って、本題に移りますが、この面妙なオモチャらしき写真と何の関係があるかといいますと、これはその「横浜大世界」様の売店で売られているオモチャなのです。ついつい顔をアップに撮影してしまいましたが、全体的な色使いとポーズにはコメントが見つかりませんでした。金魚もそうですが、同じ商品でプラスチックの色の組み合わせがたくさんあり、見ていて飽きません。中国と言えば、世界中からいろんな意味でポテンシャルが高いと評価されている国ですが、このオモチャのディテールからもその突き抜けた何かを感じてしまいます。
            そんな意味でも是非横浜にお越しの際は横浜中華街に行って、「横浜大世界」様に立寄って下さい。食事、演芸、お土産と楽しいひと時を過ごしてください。
            しかし…、このオモチャを息子に渡したところ最近枕元に置いて寝ているようで、悪い夢を見ていないか心配です。
            | キワモノ | 13:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            牡蠣羊羹
            0

              久しぶりのキワモノです。「牡蠣ようかん」仙台の松島の土産屋で見つけたシロモノですが、同じ棚に陳列されてた「ずんだようかん」はけっこう売れていましたが、こちらはさっぱりって感じでした。ちなみに味のほうはというと、これが期待に反して食べれるもんでした。期待ってなんだったんだぁ?


              | キワモノ | 12:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              ラーメンようかん
              0
                写メ日記を見た方から頂きました。「ラーメンようかん(しかも家系)」です、はい!こういうのはテンポ良くいかないと…。食べました!これを食べて何をコメントすればいいのか…。大黒パーキング等で好評販売中!
                | キワモノ | 10:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                おくらスナック
                0
                  久々に見つけた変なお菓子です。お味は…、カリッとネバネバ!まったく後をひきません!


                  | キワモノ | 18:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  味噌愛す
                  0
                    八丁味噌アイス…なんとも挑発的な響きです。ご当地名産変なものシリーズとしては、大阪のたこ焼き羊羹がありましたが、かなりエグい味でした。今回は食べれませんでしたが次回は是非!えっ、負け犬の遠吠え?
                    | キワモノ | 09:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |